×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 

 

<名越町>


其処に在る風景 管理人さん提供

 

明治37年8月7日、岸和田市大工町新調、大正8年購入
大工:田端辰次郎
彫師:寺田卯之松、助は玉井行陽
昭和58年大下工務店で大修理

大屋根廻り
枡合:正面「敦盛の最期」右「鎮西八郎為朝の豪弓」左「頼朝朽木隠れ」
小屋根廻り
枡合:正面「素盞鳴尊八岐大蛇退治」右「楠公子別れ桜井の駅」左「新田義貞稲村ヶ崎」
腰廻り
勾欄合:「梅に鴬」
松良:右「大江山頼光の木渡り」左「安宅関弁慶義経徴打」
縁葛:正面「唐子千人遊び」
大連子:正面「双方の奮戦」右「上野介見つかる」左「吉良邸討入り」
小連子:正面「真田大助の初陣」右「小栗又一の勇戦」左「木村長門守の初陣」
土呂幕:正面「薄田隼人家康本陣討入り」右「塙団右衛門の勇戦」左「後藤又兵衛 片倉小十郎勢を悩ます」
見送り廻り
見送り(二重見送り)上段「本能寺の変」下段「大坂夏の陣」
脇障子、大脇、摺出し鼻は「灘波戦記」
幟台:「竹に虎」

先代
岸和田市魚屋町新調⇒貝塚市名越⇒泉大津市豊中⇒岸和田市畑町(老朽化解体)