×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 

 

<中北太鼓>

 

幕末〜明治初年制作
大工:絹井嘉七?
彫師: 2代目高松彦四郎秀延かその一門
昭和59年:大下工務店で大修理
枡合:正面「秀吉本陣佐久間の乱入」、右面「真田幸村大坂城入城」、左面「本能寺の変」、後面「秀吉朝鮮使節謁見」
虹梁・縁葛「太閤記」
土呂幕:「朝鮮の役」

その他の詳細や情報お待ちしております。

 

 

5月18日 中北太鼓台、大修理入魂式